車のドアバイザーを付ける意味とはどういうのがあるか

車を購入する時に車の販売店から勧められるのが車のドアバイザーです。
中にはわざわざこの車のドアバイザーを付ける意味がどれだけあるかと思う人もいるかと思います。

確かに一見して車のドアバイザーをわざわざ数万円も出して付ける意味があるかと思ってしまうかと思います。では、実際に車のドアバイザーを付ける意味はどういった点にあるのかというと、一番は車のドアバイザーがある事で窓を少し開けておけるというのがあります。

これがあるおかげで雨が降っている時でも少し窓を開ける事が可能になります。
もし、車のドアバイザーがないと少し窓を開けただけでも雨が車内に入ってきます。

そして、夏場の暑い時期に駐車する時も車のドアバイザーがあれば窓を少し開けておく事で社内の温度の上昇を抑える事が可能になります。

なので、実際に車のドアバイザーを付けておく意味は大いにあります。
ですが、車を購入する時に数万円も出して車のドアバイザーを付けるのはもったいないと考える方は、純正品ではなく、社外品をドアバイザーを購入し自分で取り付けるという選択肢もお勧めです。

特に車の換気をすぐに行いたいと思った時は車のドアバイザーがある事で少し窓を開けて速やかに換気が可能になります。

なので、車のドアバイザーは思った以上に役に立つと言えます。